オリジナルのワッペンを手作りしてみよう!

2017年7月28日 / By :

裾の始末がいらないフェルトなら初心者でも簡単!

布製品のアクセントになるワッペンは、手芸用品店などで購入するほか、自分で手作りすることもできます。おうちで過ごす時間を活用して、可愛いワッペン作りに挑戦してみませんか。初心者でも簡単に作れるのが、フェルト製のワッペンです。フェルトは、裾を始末しなくても良く、扱いやすい素材です。まず、作りたいワッペンの下絵を紙に書いて、それぞれのパーツの型紙を作ります。フェルトに型紙を置いてチャコペンシルでなぞり、ペンシルの線に沿ってフェルトを切りましょう。各パーツを木工用ボンドで貼り付ければ、オリジナルワッペンの完成です。糸で縫う作業がないので、手芸に対して苦手意識がある人でも、取り組みやすいですよ。手作りらしいぬくもりを感じさせるフェルト素材を活用して、好みに合うワッペンを作って下さい。

フェルト製ワッペンのアレンジ法

フェルト製ワッペンの作り方の基本が分かったら、色んなアレンジを楽しんでみましょう。フェルトのほかに、リボンやレースも組み合わせると、より可愛く仕上がります。リボンは、わざわざ市販品を購入しなくても、プレゼントに掛けてあったリボンなども活用できますよ。また、ビーズやスパンコールを散りばめれば、ワッペンがぐんと煌びやかな印象になります。工夫次第でどんどん表情を変えるワッペン作りは、一度始めるとその魅力にはまってしまう人も多いようです。おうちで気軽にできる趣味が欲しいと考えているなら、ワッペン作りを始めてみるのもおすすめですよ。

ワッペンの種類には、オリジナルのものや個人ネームのもの、3Dのもの、さらに圧着のものなどがあります。