何から始めればいい?墓じまいの方法を知っておきましょう

2017年7月28日 / By :

遺骨をどうするのか決める

墓じまいをするには、遺骨をどこへ移動するのか決めなければなりません。公営墓地への移動をはじめ、永代供養や散骨といった管理費が発生しない方法もありますよ。墓じまいをするなら、なるべく維持費がかからない方法を選ぶと良いでしょう。

現在利用している墓地の管理者へ連絡する

墓じまいを進めるには、現在利用している墓地の管理者へ連絡する必要があります。相談がまとまり次第、書類の手続きなどへ移っていきますね。離檀料がかかる場合もあるので、忘れずに確認しておきましょう。

市町村役場で改葬の許可申請を行う

現在利用している墓地の管理者との交渉が終わったら、改葬の許可申請を行います。書類を市町村役場からもらい、必要事項を記入して提出しましょう。書類が受理されると改葬許可証がもらえるので、移転先の管理者へ持っていく流れですね。

現在のお墓を撤去してもらう

墓じまいの移転先が決まったら、現在利用しているお墓の撤去を依頼しなければなりません。お墓の面積によって、撤去費用も変わってくるのがポイントですね。お寺が業者さんを指定している場合もあるので、まずは管理者と相談してみるのが安心でしょう。

遺骨のメンテナンスを依頼する

現在利用しているお墓を撤去してもらったら、遺骨を一度メンテナンスする必要があります。お墓の中は湿気も多く、遺骨にカビが生えてしまっている場合もあるでしょう。遺骨のメンテナンスは専門の業者さんがいるので、お墓の撤去と合わせて依頼しておくとスムーズです。お墓を撤去して更地になり、管理者へ永代使用権を返納すれば墓じまいは終わりですね。

墓じまいの費用にはさまざまなプランがあります。そのため、希望に応じたプランを選ぶことがとても重要になります。