さあ合宿形式で自動車の運転免許を取ろう!

2017年9月28日 / By :

合宿形式を選ぶメリットとは

なるべく短い期間で運転免許を取りたいと思うなら、合宿形式で教習を受けるスタイルがおすすめです。合宿形式とは、郊外にある教習所に泊まり込んで教習を受けるシステムで、実技と学科のスケジュールがあらかじめ決まっています。一般的な教習所のように、実技の予約を取れないことはないので、スピーディーに教習を終えられます。料金には食費や光熱費もふくまれていて、1日3食の食事が提供されるのが一般的です。教習所がいわゆる観光地にある場合も多く、オフの時間にはちょっとした旅行気分を味わえるかもしれません。合宿というスタイルのため、同じ時期に教習を受け始めた人との交流もある程度はあります。みんな同じ目的で集まっているので、仲間意識が芽生えるかもしれません。

合宿形式を選ぶときに気をつけたいところ

合宿形式で免許を取ろうと思うなら、まずは教習所の場所をチェックしましょう。遠い場所だと交通費の負担が増えてしまいます。次に、宿泊場所の設備をよく確認しましょう。個室や相部屋など部屋のスタイル、インターネット環境、付近にコンビニなどがあるかは要チェックです。清潔度や設備について、一般的なホテルと同等の施設に泊まれるとは限りません。いざ合宿が始まったら、体調管理に気をつけてください。教習所の場所によっては、朝晩の寒暖差が大きい場合もあります。服装でうまく調節できるようにしましょう。仮に体調を崩しても病院を紹介してくれますが、教習スケジュールが遅れると追加料金が発生する場合もあります。

合宿免許のメリットは、合宿で毎日自動車教習をまとめて受けるため約2週間ぐらいの短期間で教習が終わる事と、地方の施設で合宿で教習を受けるため費用が安く抑えられる事などがあります。