BSアンテナはお金に余裕があるなら、業者に頼むのが一番早い

2017年9月30日 / By :

BSアンテナの種類とは?

BSアンテナはかつてはBS放送だけに対応する者だけが存在していました。しかし、2000年代に入ってほぼ同じ方向にてCS衛星放送かスタートしたため、2000年代工以降はBSアンテナと110度CS放送両方が見られるBS/110度CSアンテナが主流となっています。そして、基本的には屋外タイプが主流ですが、室内アンテナも存在します。ただし、室内BSアンテナは感度などネット上の口コミをよく分析して使えるのかどうなのかチェックする必要があります。

BSアンテナは設置が難しめ

BSアンテナはベランダに土台を設置する作業から始まり、室外と室内をエアコン穴でつなぐ作業、角度調整などの工程があります。そして、地上波よりも映る角度を見つけるのが大変で角度が1mmズレただけでも大きく角度が変わります。そして、最高感度を素人が見つけるには大変で設置には1人だと数時間かかる場合があります。そして、高層のベランダに設置する場合はアンテナ落下に最新の注意をしなくてはなりません。なので、お金に余裕があるかたは出来るだけ料金が安い業者を探して業者に頼んでしまうほうがベターです。

既存のBSアンテナは室内でも使える場合があり

引越しの際、新居でBSアンテナを設置するまで、BS放送が見られず悔しい思いをすることがよくあるものです。ただし、室内専用アンテナではなくても、あらかじめ直径が大きくて高性能の室外アンテナを買っておくと室内の窓際にアンテナを置き、角度を合わせるだけで、やや感度は落ちますが高い確率でBS放送が映ります(窓のすぐ外が高層ビルの場合などは除く)。必ずしも室外アンテナが室内で映るとは限らないものの、アンテナ工事までの間、応急処置として、この手法を試してみることをお勧めします。

アンテナ工事とは、テレビがきちんと映るように屋根の上やベランダにアンテナを取り付けることを言います。