女性が一人で衛星放送用のアンテナを設置することは可能?

2017年9月30日 / By :

アンテナの持ち運びは女性一人でも十分できる

一人暮らしをしている女性が、自分の部屋の敷地に一人で衛星放送用のアンテナを設置することは可能でしょうか。まず、体力的な点でいえば、十分可能ということになります。というのは、衛星放送用のアンテナはそれほど重量がなく、女性でも一人で持ち運ぶことには特に問題がないからです。

設置の難易度という点でいうと、まず、設置場所によってだいぶ変わってきます。ベランダの手すりやバルコニーなどに設置するのであれば、取りつけだけなら問題なくできるでしょう。ただ、壁面や屋根に取りつけるということだと、男性でも素人が一人で行うのは相当難しいので、女性の場合は諦めた方がいいレベルだといえます。

アンテナの固定はレンチやスパナでしっかり行う

一人で設置する場合は、アンテナとテレビの位置関係でもやはり難易度が左右されます。テレビがまったく確認できない場所にアンテナを取りつけるということだと、アンテナの位置調整が相当困難になります。これは、女性でも男性でも同じです。テレビ画面を見ながらアンテナの取りつけができるのであれば、女性一人でもきちんと設置できる可能性が高いです。

女性がアンテナを取りつける場合の注意点としては、取りつけるための土台となる金具にアンテナをしっかりとボルト、ナットで固定するということが挙げられます。しっかりと締めていないと、風などでアンテナが動いてしまい、受信できなくなってしまうからです。ボルトは手ではなく、必ずレンチやスパナを使って締めるようにしましょう。

アンテナ設置は、向きに注意する必要があります。電波の受信状況を確認しながら行うので、複数人で行うか専門家に依頼するのがおすすめです。